不動産に関する相談は専門業者へ|任意売却で問題カイケツ

house

不動産の選択

不動産の今後の動向について

これから家を購入したいと思っている人にとって不動産の価格の動向は気になるところです。 今後の不動産の価格の動向を占う上で参考になるのがこの国の人口変動です。少子高齢化社会と言われて久しいですが、この影響が出てくるのが今後の不動産の価格です。 げんざのところ老人が手放した空き家が増えています。その割には新築も増えています。この傾向は、この国の国民の気質でもあります。多くの人は、誰かが済んだ家に住みたがらない人が多いのです。中古と新築で同じような間取りでも、新築のほうが1000万円近く高いのに新築を選ぶ人が多いのです。 今後は老人が更に増えて、その割に新しく住む人が少なければ地価も下がることが予想されます。

注意するべきこととは

この流れは考え方によれば不動産の中でも空き家や中古住宅が増えることで安く住宅が手に入ることを利用しないてはありません。耐震性に問題がなければこだわりを捨てて中古住宅に住むという方法もありますが、リノベーションをすればその不動産自体も価値が上がりますし、新築と同じ空間になります。 ただし、リノベーションをする場合注意するべきは、気密性と風通しの良さを重視して住宅を建てることです。 なぜなら、中古住宅は新築よりも寿命が短いため、できるだけ長持ちをする工夫をするべきだからです。たとえば風通しが良くなるように大きめの窓を作ったり、吹き抜けにすることで住宅の寿命が伸び、ひいては不動産自体の価値も上がっていくのです。