不動産に関する相談は専門業者へ|任意売却で問題カイケツ

house

地域木材の使用

木材利用ポイントとは何か

木材利用ポイントとは、その地域の木材をしようすることを推進するために、地位機材を活用した木造住宅の建設や内装、外装のための木材購入に対してポイントを発行し、その地域の農産物や水産物と交換することのできる制度のことをいいます。建築だけではなく、木製のいすや机などの家具の購入においても発行されます。ただ、この制度には期限があり、期限内に建設に着手したり、工事請負契約を締結したり、購入をする必要があります。ポイントの相場としては、一棟あたり30万ポイントになります。ただし、東日本大震災で全壊または半壊した建物の罹災証明があれば、50万ポイントを取得することができます。内装の場合は、9平米以上の床や壁に木材を使用する必要があります。

認知度と利用度について

1ポイントが1円相当になり、住宅の購入者や工事発注者が申請してもらえる木材利用ポイントですが、交換商品としては、地域の農林水産品、農村、漁村地域の体験型旅行、商品券、震災や森林保護への寄付などがあります。商品券は、木材利用ポイントの50%までを交換してもらえます。木材利用ポイントは、住宅エコポイントと同じような仕組みになっていますが、大変人気の高かった住宅エコポイントと比較して、認知度がすこし低かったという点があげられます。木材利用ポイントの申請には、全国に700箇所設けられた申請手続きの窓口から申請を行わなくてはならず、郵送での申請ができません。このため、ポイントを申請できるのに、申請していない人もまだいるようです。期限が過ぎていても、期限内の契約書があれば申請はできますので、今後利用者がまだ増える可能性もありそうです。